虎初登板で初黒星 メンドーサきちんと仕事も勝てないワケ

公開日:  更新日:

 当然の敗戦だった。

 阪神は中日に競り負け、連勝は5でストップ。首位広島とのゲーム差は再び6.5となったが、4失点の先発投手は責められない。

 日本ハムから移籍後、初登板のメンドーサ(33)は、バックに足を引っ張られながらも六回まで2失点と好投。七回に安打と四球で無死一、二塁から8番武山に中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴び、7回7安打4失点。タテジマ初黒星を喫した助っ人は、「点は取られたけど、最低限自分の役割は果たせたと思う」と言った。

 阪神はエースのメッセンジャー(36)が先月10日の巨人戦で右足腓骨を骨折。今季中の復帰は厳しいことから、代役にメンドーサを緊急補強した。この右腕は日ハム在籍中(14~17年8月、95試合、90先発、5救援)の防御率が3.80だった。

 メッセは直近3年間の防御率は3・06。今季は故障前まで21試合で2.46だった。1試合当たり約3失点のメッセに対し、メンドーサは約4点取られる投手なのだ。それにしても、たったの2得点ではメッセが投げても勝てないぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る