• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブルガリアの長躯一族の肖像「おばあちゃんも180センチ」

父ステファンさんと母ツェッツァさん(C)共同通信社

 現役時代は2メートル2センチ、157キロの巨体を生かした相撲を取っていた鳴戸親方。学生時代のトレーニングもあるが、もともと体の大きい家系でもあったという。どんな一家だったのか。

「17歳の時には身長が2メートル。体重も100キロ以上あった。学校の中…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事