• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レッドソックスにサイン盗み疑惑 電子機器で不正に伝達か

 ア・リーグ東地区の宿敵同士の一戦で新たな疑惑が浮上である。

 レッドソックスがヤンキースのサイン盗みを行っていたというのだ。5日(日本時間6日)、ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアが伝えている。

 記事によれば、レッドソックスが不正行為をはたらいたのは8月18日からのボストンでの3連戦。ダッグアウトのトレーナーが映像でヤンキースの捕手のミットの位置を確認。走者が二塁にいる場合は、電子機器を使って情報を送り、二塁走者が打者にコースなどを伝えていた疑惑が持たれている。

 この3連戦はレッドソックスの新人内野手ラファエル・デバース(20)が2戦連続本塁打を放つなど、計27安打17得点を奪って2勝1敗で勝ち越している。

 今季の同カードではサインが漏れているとみられるケースが再三あったそうで、ヤンキースはMLBに調査を依頼していた。もっとも、一部ではヤンキースによるレッドソックスのサイン盗みを指摘する声も上がっている。ア・リーグ東地区のライバル同士に新たな遺恨が生まれそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る