レッドソックスにサイン盗み疑惑 電子機器で不正に伝達か

公開日:  更新日:

 ア・リーグ東地区の宿敵同士の一戦で新たな疑惑が浮上である。

 レッドソックスがヤンキースのサイン盗みを行っていたというのだ。5日(日本時間6日)、ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアが伝えている。

 記事によれば、レッドソックスが不正行為をはたらいたのは8月18日からのボストンでの3連戦。ダッグアウトのトレーナーが映像でヤンキースの捕手のミットの位置を確認。走者が二塁にいる場合は、電子機器を使って情報を送り、二塁走者が打者にコースなどを伝えていた疑惑が持たれている。

 この3連戦はレッドソックスの新人内野手ラファエル・デバース(20)が2戦連続本塁打を放つなど、計27安打17得点を奪って2勝1敗で勝ち越している。

 今季の同カードではサインが漏れているとみられるケースが再三あったそうで、ヤンキースはMLBに調査を依頼していた。もっとも、一部ではヤンキースによるレッドソックスのサイン盗みを指摘する声も上がっている。ア・リーグ東地区のライバル同士に新たな遺恨が生まれそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る