志願の完封勝利 武田翔太はソフトB投手陣“最後のピース”

公開日:  更新日:

 ペナント終盤で頼れる右腕が戻ってきた。

 6日、ソフトバンクの先発、武田翔太(24)が完投勝利。オリックス打線に8安打を打たれながらも、要所を締めて今季初完封をマークした。

 ヒーローインタビューでは、「ここ最近5回持たないピッチングが何試合かあって、野手の皆さんやリリーフに迷惑をかけていた。今日こそは長いイニングを投げたかった」と話した武田。八回までに121球を投げていたが、九回のマウンドは志願だったことを明かした。

 武田の存在こそ、投手陣にとって“最後のピース”。この日で優勝マジックは10と、リーグ制覇は時間の問題。懸念があるとすれば、CSを含めたポストシーズンだ。

 ソフトバンクは14勝(4敗)の東浜を筆頭に、12勝の千賀(3敗)とバンデンハーク(6敗)、8月に復帰以降は13イニング無失点で今季3勝負けなしの和田と、先発は粒揃い。それでもCSファイナルステージが6戦目までもつれた場合を考えると、頼りになる先発がもう1人欲しい。実際、6戦目まで戦った10年、14年のCSでは先発5人が中4日で投げた。

 今季はWBCの影響で右肩炎症に苦しんできたが、昨季14勝を挙げた右腕が戻ってきたのなら、ソフトバンクにとっても朗報。「優勝は仕方ないが、せめてCSで……」と日本シリーズ出場を狙っていたライバル球団はため息だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る