志願の完封勝利 武田翔太はソフトB投手陣“最後のピース”

公開日:  更新日:

 ペナント終盤で頼れる右腕が戻ってきた。

 6日、ソフトバンクの先発、武田翔太(24)が完投勝利。オリックス打線に8安打を打たれながらも、要所を締めて今季初完封をマークした。

 ヒーローインタビューでは、「ここ最近5回持たないピッチングが何試合かあって、野手の皆さんやリリーフに迷惑をかけていた。今日こそは長いイニングを投げたかった」と話した武田。八回までに121球を投げていたが、九回のマウンドは志願だったことを明かした。

 武田の存在こそ、投手陣にとって“最後のピース”。この日で優勝マジックは10と、リーグ制覇は時間の問題。懸念があるとすれば、CSを含めたポストシーズンだ。

 ソフトバンクは14勝(4敗)の東浜を筆頭に、12勝の千賀(3敗)とバンデンハーク(6敗)、8月に復帰以降は13イニング無失点で今季3勝負けなしの和田と、先発は粒揃い。それでもCSファイナルステージが6戦目までもつれた場合を考えると、頼りになる先発がもう1人欲しい。実際、6戦目まで戦った10年、14年のCSでは先発5人が中4日で投げた。

 今季はWBCの影響で右肩炎症に苦しんできたが、昨季14勝を挙げた右腕が戻ってきたのなら、ソフトバンクにとっても朗報。「優勝は仕方ないが、せめてCSで……」と日本シリーズ出場を狙っていたライバル球団はため息だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る