首位独走も…ソフトBリリーフ陣を蝕む工藤監督の継投グセ

公開日:  更新日:

 27日、ソフトバンクは左ヒジ手術から復帰した左腕の和田毅(36)が先発。6回2安打無失点の好投で、4月以来となる3勝目を飾った。

 工藤監督は、

「これほど頼りになるピッチャーはいない」と手放しで喜んだが、その指揮官のこらえ性のなさこそが、終盤戦最大の懸念材料だ。

 この日は和田の後を受け、モイネロ、岩崎、サファテが継投。久々の一軍登板なので6回85球で降板した和田は責められないが、今季の工藤監督はそうでなくとも先発投手を早めに降板させることが多い。

 それでワリを食うのがリリーフ陣だ。岩崎はこの日で59試合目。ソフトバンクは117試合を消化しているので、半分以上に登板している。他にも森が52試合、嘉弥真も46試合。今年36歳のサファテも54試合目の登板だった。パの投手を上から登板数順に数えれば、上位10人中4人がソフトバンクなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る