将来の監督候補 阪神・鳥谷を待つ金本監督とのトップ争い

公開日: 更新日:

「近い将来、金本監督と指揮官の座を争う可能性もある」とは、前出のOB。

「金本監督は3年目となる来季の続投が内定。球団は就任当初からできうる限りの長期政権を考えているが、超変革の旗印のもと、勝ちながら若手を育てる方針を掲げてきた金本監督は昨季が4位、今季は2位に押し上げた。今後はより結果が求められる。一方の鳥谷は外様の金本監督とは違って生え抜き。近い将来、指導経験がないままいきなり『鳥谷監督』が誕生となっても、OBからさほど異論は出ないだろう。“阪急対策”にもなる。阪急阪神が誕生して10年が経過し、阪急サイドは球団経営にもタッチし始めているといわれる。阪急トップの角和夫会長兼CEOは早大卒で鳥谷の大学の先輩にあたるからね」

 金本監督は鳥谷に「次は2500安打を必ず打て」と話したという。新旧の「鉄人」を中心とする阪神の勢力図は今後、どう塗り替えられていくのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る