将来の監督候補 阪神・鳥谷を待つ金本監督とのトップ争い

公開日: 更新日:

 しかし金本監督が就任した昨季は、自己ワーストの打率.236に低迷した。キャプテンに任命され、金本監督から「おまえが変わらないとチームが変わらない」と尻を叩かれ、失策した試合後には「プロ野球じゃない。高校生に笑われるわ」と厳しい言葉を浴びせられたこともある。

 今季は新人年から守り続けてきた遊撃のポジションを剥奪され、三塁にコンバートされたが、腐ることなく打率3割前後をキープするなど、チームの2位躍進に貢献。さる球界OBは、「金本監督はこの2年間、鳥谷の結果が出なければいつでも若手に切り替える腹積もりだったそうです。一方の鳥谷は世代交代の波にあらがい、強い反骨心でプレーし続けたことが復活につながったのだろう」という。

■バックにOBと阪急

 紆余曲折がありつつも勲章を手にした鳥谷は、将来の監督候補といわれている。早大から03年に自由枠で入団した時から将来の幹部候補として期待されてきた。阪神では過去に安藤統男(慶大)、中村勝広(早大)、岡田彰布(早大)と東京六大学出身の内野手が監督になっている。鳥谷は王道を歩んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る