阪神戦で大暴れ 広島・安部レギュラー奪取の「苦節10年」

公開日: 更新日:

「上位の方がつないでくれた。無駄にしないようにという思いで打席に入りました」

 お立ち台で球場を埋め尽くした赤ヘルファンから大喝采を浴びたのは、7日の阪神戦の五回に決勝の三塁打を放った安部友裕(28)だ。

 2位阪神との直接対決3連戦すべてで殊勲打をマーク。初戦はサヨナラ本塁打で、2戦目も貴重な同点打。逆転優勝を狙った阪神に事実上の引導を渡す3タテに大いに貢献した。

 福岡工大城東から2007年ドラフト1位で入団。10年目を迎え才能が本格的に開花した今季、チームトップの打率.314はリーグ3位。現在、首位打者のマギー(巨人)とは4厘差でタイトルも狙える位置にいる。

■遅咲きのドラ1

「苦節10年といっていい。大型遊撃手として入団したものの、当時の遊撃は梵が君臨。同期の丸がレギュラーに定着し、遅れて大卒で入団した同学年の菊池、田中が主力の座を掴んでいく中、13年には梵の故障で遊撃での出場機会を得るも結果を残せず、14年、15年の2年間はなかなか出番に恵まれなかった。わずか29試合出場にとどまり、本人は『腐りかけていた』と言っていたほどです」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

もっと見る