阪神戦で大暴れ 広島・安部レギュラー奪取の「苦節10年」

公開日: 更新日:

「上位の方がつないでくれた。無駄にしないようにという思いで打席に入りました」

 お立ち台で球場を埋め尽くした赤ヘルファンから大喝采を浴びたのは、7日の阪神戦の五回に決勝の三塁打を放った安部友裕(28)だ。

 2位阪神との直接対決3連戦すべてで殊勲打をマーク。初戦はサヨナラ本塁打で、2戦目も貴重な同点打。逆転優勝を狙った阪神に事実上の引導を渡す3タテに大いに貢献した。

 福岡工大城東から2007年ドラフト1位で入団。10年目を迎え才能が本格的に開花した今季、チームトップの打率.314はリーグ3位。現在、首位打者のマギー(巨人)とは4厘差でタイトルも狙える位置にいる。

■遅咲きのドラ1

「苦節10年といっていい。大型遊撃手として入団したものの、当時の遊撃は梵が君臨。同期の丸がレギュラーに定着し、遅れて大卒で入団した同学年の菊池、田中が主力の座を掴んでいく中、13年には梵の故障で遊撃での出場機会を得るも結果を残せず、14年、15年の2年間はなかなか出番に恵まれなかった。わずか29試合出場にとどまり、本人は『腐りかけていた』と言っていたほどです」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る