• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神戦で大暴れ 広島・安部レギュラー奪取の「苦節10年」

「上位の方がつないでくれた。無駄にしないようにという思いで打席に入りました」

 お立ち台で球場を埋め尽くした赤ヘルファンから大喝采を浴びたのは、7日の阪神戦の五回に決勝の三塁打を放った安部友裕(28)だ。

 2位阪神との直接対決3連戦すべてで殊勲打をマーク。初戦はサヨナラ本塁打で、2戦目も貴重な同点打。逆転優勝を狙った阪神に事実上の引導を渡す3タテに大いに貢献した。

 福岡工大城東から2007年ドラフト1位で入団。10年目を迎え才能が本格的に開花した今季、チームトップの打率.314はリーグ3位。現在、首位打者のマギー(巨人)とは4厘差でタイトルも狙える位置にいる。

■遅咲きのドラ1

「苦節10年といっていい。大型遊撃手として入団したものの、当時の遊撃は梵が君臨。同期の丸がレギュラーに定着し、遅れて大卒で入団した同学年の菊池、田中が主力の座を掴んでいく中、13年には梵の故障で遊撃での出場機会を得るも結果を残せず、14年、15年の2年間はなかなか出番に恵まれなかった。わずか29試合出場にとどまり、本人は『腐りかけていた』と言っていたほどです」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る