• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

延長戦で決勝打も…鳥谷の“大仕事に”虎指揮官は心中複雑

 ベテランの一振りが試合を決めた。

 20日の試合で中日を3タテした阪神。勝利の立役者となったのが、鳥谷敬(36)だ。延長十一回、2死二、三塁の場面で逆方向へ殊勲の左前打。2日連続猛打賞の活躍で2000安打まで残り14本に迫り、打率も.311と絶好調だ。

「積極的にいきたいと思ったのが、いい結果につながった」

 と話した鳥谷に、金本監督も「ベテランが大仕事をしてくれた」と笑顔を見せた。

 しかし、内心は複雑だろう。鳥谷の存在こそ、指揮官が取り組んでいる「超変革」、若手育成を阻む最大の壁でもあるからだ。

 鳥谷は33歳だった2014年オフに、5年20億円で阪神と契約延長。確かに攻守にわたって安定感のある選手だが、それにしても、いま現在の彼に1年4億円の価値があるかどうか。契約満了時には38歳になっているベテランに、ここまで札束を積んだ理由は2つ。1つは鳥谷がメジャー移籍をちらつかせたこと。そして2つ目こそが阪神の悪しき体質、「人気選手の過剰優遇」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る