ジャマイカ選手が禁止薬物 ボルト“金メダル返還”の可能性

公開日:

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は12日(日本時間13日)、08年北京五輪でドーピング違反が発覚した陸上男子のネスタ・カーター(ジャマイカ)の聴聞会を11月15日に行うと発表した。

 カーターの検体からは興奮剤の一種である「メチルヘキサンアミン」が検出されており、今年1月にジャマイカチームは400メートルリレーの金メダルを剥奪された。このレースに第3走者として出場し、北京、ロンドン、リオと3大会連続3冠を達成したウサイン・ボルトの栄光にも傷が付いた。

 カーターは代理人の弁護士を通じて、早くから潔白を訴えてきた。08年当時、「メチルヘキサンアミン」は世界反ドーピング機関(WADA)の禁止薬物に指定されていなかったことから、カーターの弁護士は「違反にはあたらない」と主張している。

 ボルトに金メダルが返還されるかどうかは、CASの裁定次第だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る