• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

治療を優先 ボルト「全治3カ月」サッカーデビューピンチ

 陸上の短距離王者であるウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)が17日、先の世界選手権(ロンドン)400メートルリレーで負傷した左太ももの状態を自身のツイッターで公表。患部のエックス線写真(後に削除)とともに、約3カ月の加療が必要であると明かした。

 今季限りで現役引退を表明していたボルトは最後のレースとなった400メートルリレーでアンカーを務めたが、途中棄権。本人によると、周囲から負傷を疑う声があったそうで、「普段は診断書を公表しないが、残念ながらケガを疑う人がいた。私はファンを裏切ったことはない」などとつづっている。

 かねて「サッカー選手になるのが夢」と話していたボルトは、英マンチェスターUから9月2日に行われるFCバルセロナとの親善試合への出場を打診されていた。英メディアによれば、近日中にもドイツで本格的なトレーニングを行う予定だったそうだが、まずはケガの治療を最優先することになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る