高津、古田でもなく…ヤクルト小川SDが監督再登板の裏側

公開日: 更新日:

 26日、ヤクルトの来季監督として小川淳司SD(シニアディレクター=60)の再登板が決定的になったと、各メディアが一斉に報じた。

 小川SDは99年から07年までの9年間、二軍監督を務め、一軍ヘッドコーチを経て、10年途中に当時の高田繁監督の休養に伴い、監督代行に就任。11年から正式に監督となり、14年限りで退任するまで4年間務め、15年からはSDとして編成にかかわってきた。

 一方で当初、真中満監督(46)の今季限りの退任が発表された直後は、高津臣吾二軍監督(48)の昇格が有力とされ、元監督の古田敦也氏(52)の名前も取りざたされた。衣笠球団社長は21日、一部スポーツ紙が「次期監督に小川SDが急浮上」と報じたことを受け、次期監督候補として、「高津もそうだし古田もそう。名前の浮き沈みがある中で、小川SDも候補として名前が出たということ」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る