ポスティング認めない巨人 それでも清宮欲しいチーム事情

公開日:

 史上最多の高校通算111本塁打を放った早実の清宮幸太郎(3年)が22日にプロ入りを表明したことを受け、プロ側からは歓迎の声が上がった。

 阪神は早速、球団社長が1位指名を宣言。「4番、大砲はウチの大きな補強ポイント」と言った。

 巨人も事情は同じである。鹿取GMは「どこも上位、1位でしょうね」と“他人事”だったが、「4番、大砲」の阿部は38歳で衰えが顕著。清宮は喉から手が出るほど欲しいに決まっている。

 清宮がスター候補である点も見逃せない。東京ドームの主催試合は連日満員で、一見、潤っているようにも見える。が、老川オーナーが試合前の訓示で、視聴率の低迷やチケット売り上げの問題をナインに訴えていたというから、切迫した問題なのは間違いない。 

「清宮が甲子園で活躍している点が何より大きい。球界のスターはプロ入り前の甲子園で名前を売っている。松井秀、松坂、ダルビッシュ、田中将もしかりです」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る