• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポスティング認めない巨人 それでも清宮欲しいチーム事情

 史上最多の高校通算111本塁打を放った早実の清宮幸太郎(3年)が22日にプロ入りを表明したことを受け、プロ側からは歓迎の声が上がった。

 阪神は早速、球団社長が1位指名を宣言。「4番、大砲はウチの大きな補強ポイント」と言った。

 巨人も事情は同じである。鹿取GMは「どこも上位、1位でしょうね」と“他人事”だったが、「4番、大砲」の阿部は38歳で衰えが顕著。清宮は喉から手が出るほど欲しいに決まっている。

 清宮がスター候補である点も見逃せない。東京ドームの主催試合は連日満員で、一見、潤っているようにも見える。が、老川オーナーが試合前の訓示で、視聴率の低迷やチケット売り上げの問題をナインに訴えていたというから、切迫した問題なのは間違いない。 

「清宮が甲子園で活躍している点が何より大きい。球界のスターはプロ入り前の甲子園で名前を売っている。松井秀、松坂、ダルビッシュ、田中将もしかりです」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る