• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人とソフトBは「NO」か 早実・清宮プロ入りへの“本音”

「本人はプロ志向があると聞いている」

 プロか進学か、進路について熟考するとしている早実の清宮幸太郎(3年)について、某球団のスカウトが断言した。

「清宮は小学6年の時にリトルの世界大会で優勝。かねて『プロ野球選手になって、そこからメジャーへ行きたい』との思いを持っていて、気持ちはブレていないようだ。ご家族と相談した上で大学進学を選ぶ可能性はゼロではないが、プロ志望届を出すことになれば、先々のことまでしっかりとアピールする必要も出てくるだろうね」

 プロ側はすでに清宮がプロ志望届を提出することを想定。球団によってはこの「先々のこと」についても議論しているという。清宮の1位指名を検討している某球団の編成担当は、「移籍を前提とした交渉はできないのですが……」と前置きしたうえで、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事