挨拶の行列が…燕次期HC候補“鬼の宮本”にナイン戦々恐々

公開日:  更新日:

 行列の先には「時の人」の姿があった。

 さる26日の東京ドーム。ヤクルトの選手が試合前練習を始めようとグラウンドでストレッチをしていると、三塁側のベンチにその人は腰を下ろした。来季、ヤクルトのヘッドコーチに就任するといわれる宮本慎也氏(46)だ。その存在に気付いたひとりの選手が慌てて挨拶に駆け寄ると、それを見た他の選手たちもストレッチの手を止めて後に続く。あっという間に「宮本詣で」の行列ができた。

 選手たちはストレッチに戻っても宮本氏の方をチラチラ。落ち着かない様子で「本当に(コーチ就任は)決まっているの?」「もし決まったら、秋のキャンプから? あ~、行きたくない」と漏らしたり、「僕らは何も聞かされていないので、記者さんばりに(組閣が)どうなっているのかをいろんな人に聞いてまわっています」と“取材”する選手もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る