現場復帰に意欲 落合監督という“劇薬”を飲む球団は出るか

公開日:

 ウワサされた仰天人事は実現しなかった。

 20日、オリックスが福良淳一監督(57)の来季続投を発表。遠征先の仙台市内で球団から要請され、「快諾しました。このまま終わるわけには(いかない)というのはある」と受諾した。福良監督は2015年に途中休養した森脇監督に代わってヘッドコーチから監督代行に“昇格”。翌16年に監督に就任した。しかし、監督1年目は4年ぶりの最下位に沈没。巻き返しを誓った今季も4位(20日現在)に低迷、8月には早々とCS進出の可能性も消滅した。1年契約の福良監督には当然のことながら進退を問う声が上がり、球界の一部ではその後任候補に、あの落合博満前中日GM(63)の名前が取り沙汰されていたのだ。

 その落合氏、11年限りで中日監督を退任。13年に復帰したGMとしては成果を残せず、袋叩きに遭ったものの、現場復帰への意欲はいささかも衰えていない。さる17日には、久々に民放局の情報番組に生出演。司会者から「もうユニホームは着ないんですか?」と聞かれると、「そういう話があれば考えます」と笑顔で即答。「喝!」でお馴染みの張本勲氏から、「来年、3つくらい(監督枠が)空くからね。最後のご奉公で、いいチームをつくってもらいたい」と後押しされ、うれしそうに笑っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る