現場復帰に意欲 落合監督という“劇薬”を飲む球団は出るか

公開日:

 ウワサされた仰天人事は実現しなかった。

 20日、オリックスが福良淳一監督(57)の来季続投を発表。遠征先の仙台市内で球団から要請され、「快諾しました。このまま終わるわけには(いかない)というのはある」と受諾した。福良監督は2015年に途中休養した森脇監督に代わってヘッドコーチから監督代行に“昇格”。翌16年に監督に就任した。しかし、監督1年目は4年ぶりの最下位に沈没。巻き返しを誓った今季も4位(20日現在)に低迷、8月には早々とCS進出の可能性も消滅した。1年契約の福良監督には当然のことながら進退を問う声が上がり、球界の一部ではその後任候補に、あの落合博満前中日GM(63)の名前が取り沙汰されていたのだ。

 その落合氏、11年限りで中日監督を退任。13年に復帰したGMとしては成果を残せず、袋叩きに遭ったものの、現場復帰への意欲はいささかも衰えていない。さる17日には、久々に民放局の情報番組に生出演。司会者から「もうユニホームは着ないんですか?」と聞かれると、「そういう話があれば考えます」と笑顔で即答。「喝!」でお馴染みの張本勲氏から、「来年、3つくらい(監督枠が)空くからね。最後のご奉公で、いいチームをつくってもらいたい」と後押しされ、うれしそうに笑っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る