真中監督辞任決定 後任候補に宮本慎也氏があがらない理由

公開日: 更新日:

 セ・リーグの最下位に沈むヤクルトの真中満監督(46)が今季限りで退任することが決まった。21日現在、首位・広島に31ゲームの大差をつけられての借金33。

 球団内部には、

「監督の責任は問えませんよ。川端、バレンティン、畠山、雄平、大引に秋吉、小川、山中と投打の主力にこれでもかと故障者が出た。この戦力で勝てという方が無理。2年前(2015年)に就任1年目でチームを14年ぶりのリーグ制覇に導いてくれた監督をこのまま辞めさせるのは忍びない」

 と、かばう声が少なくないが、本人は“それはそれ”と責任を痛感しているのは間違いない。

 後任には、高津臣吾二軍監督(48)、伊藤智仁一軍投手コーチ(46)、古田敦也元監督(52)らが取り沙汰される中、今回もまた、最有力候補に挙げられてしかるべき大物OBの名前が聞こえてこないのはなぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る