ソフトBタイトル独占も 西武と楽天が恐れるのはアノ男

公開日:

 圧倒的な戦力である。 セ・パともにシーズンの全日程が終了し、各タイトルも確定。驚くべきはパのタイトルホルダーのラインアップだ。投手・野手合わせて12部門中、ソフトバンクの選手が7部門と過半数を占めた。

 投手部門は最多勝利が東浜の16勝(西武菊池とタイ)、勝率1位には.765の千賀が輝いた。最優秀中継ぎは46ホールドポイントの岩崎、最多セーブはプロ野球記録の54Sをマークしたサファテだ。

 打者部門ではデスパイネが最多本塁打(35本)と最多打点(103点)で2冠。柳田が最高出塁率(.426)を獲得した。

 2006年にも今回同様、12部門中7部門を制したが、当時は斉藤和巳(現評論家)が投手4冠を達成するなど、純粋な人数でいえばタイトルホルダーは3人。それが今回は多くの選手が活躍して6人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る