• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトBタイトル独占も 西武と楽天が恐れるのはアノ男

 圧倒的な戦力である。 セ・パともにシーズンの全日程が終了し、各タイトルも確定。驚くべきはパのタイトルホルダーのラインアップだ。投手・野手合わせて12部門中、ソフトバンクの選手が7部門と過半数を占めた。

 投手部門は最多勝利が東浜の16勝(西武菊池とタイ)、勝率1位には.765の千賀が輝いた。最優秀中継ぎは46ホールドポイントの岩崎、最多セーブはプロ野球記録の54Sをマークしたサファテだ。

 打者部門ではデスパイネが最多本塁打(35本)と最多打点(103点)で2冠。柳田が最高出塁率(.426)を獲得した。

 2006年にも今回同様、12部門中7部門を制したが、当時は斉藤和巳(現評論家)が投手4冠を達成するなど、純粋な人数でいえばタイトルホルダーは3人。それが今回は多くの選手が活躍して6人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る