• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“長嶋超え”新人154安打 西武・源田の打撃力をコーチ解説

 ミスターを超えた。西武の源田壮亮(24)が3日の楽天戦で今季154安打目となる適時三塁打を放った。1958年に巨人の長嶋茂雄(現終身名誉監督)が22歳のときに記録した新人シーズン安打数「153」を超え、歴代単独3位に浮上。西武は残り2試合あるので、1948年に笠原和夫(南海)がマークした歴代2位の「160」も視野に入ってきた。

 前日に長嶋超えにあと1本と迫りながらこの日は七回まで4タコ。九回の5打席目に左中間を抜く三塁打を放った。

「記録」への意識が強かったのかと思いきや、「全然考えてなかった。でも、コーチとかチームメートに『おめでとう』と言われたので、それはうれしかったですね。1年目でここまでできるのはびっくりしているけど、これだけで終わらないようにもっと成長していけたら」と冷静だった。

 源田の打撃について、嶋打撃コーチはこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る