松井裕もペゲーロも…3位確定の楽天はCS前から“満身創痍”

公開日:

 本拠地開催はかなわなかった。

 4日、楽天がロッテと延長十二回までもつれる激戦の末に引き分け、3位が確定。投手6人、野手も1人を残して使い切る総力戦の甲斐なく散った。楽天はこの日、松井裕樹(21)とアマダー(30)を登録抹消。さらに、主軸を任されていたペゲーロ(30)はベンチ外とし、茂木栄五郎(23)も先発を外れた。残り試合全勝が2位でのCS進出の最低条件だったにもかかわらず、主力が相次いで離脱。試合前から漂っていた“終戦”ムードが現実になった。

 梨田監督は左ヒジの張りで二軍落ちした守護神に、「あんまり無理をさせたくないので。ひどい状態ではない。完治を優先させる。疲れを取ってCSに向けて努力してほしい」と話した。

 “CSに備えて”といえば聞こえはいいが、チームの内情はボロボロ。与田投手コーチは「(松井裕は)しばらく様子を見る。疲労の蓄積で体の張りが出てきて、それによって(体の)バランスの悪さを修正できずにいる。直さなければと頭では分かっていても、不安を感じれば思うようにできないもの。一度(左肩を)ケガしているので、なおさら」と指揮官とは対照的に厳しい表情だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る