美人プロのジレンマか 不振の松森彩夏を追い込む取材過多

公開日:  更新日:

【富士通レディース】

 今季女子ツアーも今大会を含めてあと7試合になった。日米女子ツアー共催のTOTOジャパンクラシックと最終戦のリコーカップは出場選手が限られるため、来季のシード争いも実質残り5試合で決着がつくことになる。

 シードは賞金ランク50位までだが、昨年大会覇者の松森彩夏(23)が苦戦している。初日は4オーバー64位と出遅れ。しかも今季は27試合に出場してトップ10入りは2回だけ。予選落ち9回と不振が続き、賞金ランクは62位だ。当初、米ツアープロテスト挑戦を表明していたが、これを取りやめて3年連続のシード確保にスケジュールを変更した。

「美人プロだから練習ラウンドは取材が殺到して、じっくり練習に集中できないのかもしれない」とツアー関係者がこう言う。

「170センチとスタイル抜群のビジュアル系プロですから、ゴルフ誌のカラーレッスンに引っ張りだこです。4ページのグラビア取材なら1社が3ホールにつきっきり。それが火曜、水曜と数社の取材が続けばコース下見もじっくりできない。出演料は1ページ5000円が相場ですから、お金が欲しいというよりも露出を増やして契約スポンサーに貢献したかったんでしょう。しかもマネジメントは家族がやっているから、取材調整がうまくできていないのかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る