美人プロのジレンマか 不振の松森彩夏を追い込む取材過多

公開日:  更新日:

【富士通レディース】

 今季女子ツアーも今大会を含めてあと7試合になった。日米女子ツアー共催のTOTOジャパンクラシックと最終戦のリコーカップは出場選手が限られるため、来季のシード争いも実質残り5試合で決着がつくことになる。

 シードは賞金ランク50位までだが、昨年大会覇者の松森彩夏(23)が苦戦している。初日は4オーバー64位と出遅れ。しかも今季は27試合に出場してトップ10入りは2回だけ。予選落ち9回と不振が続き、賞金ランクは62位だ。当初、米ツアープロテスト挑戦を表明していたが、これを取りやめて3年連続のシード確保にスケジュールを変更した。

「美人プロだから練習ラウンドは取材が殺到して、じっくり練習に集中できないのかもしれない」とツアー関係者がこう言う。

「170センチとスタイル抜群のビジュアル系プロですから、ゴルフ誌のカラーレッスンに引っ張りだこです。4ページのグラビア取材なら1社が3ホールにつきっきり。それが火曜、水曜と数社の取材が続けばコース下見もじっくりできない。出演料は1ページ5000円が相場ですから、お金が欲しいというよりも露出を増やして契約スポンサーに貢献したかったんでしょう。しかもマネジメントは家族がやっているから、取材調整がうまくできていないのかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る