エージシュートでも予選落ち…70歳・ジャンボ尾崎の凋落

公開日: 更新日:

【ホンマ・ツアーワールドカップ 2日目】

 天気が崩れる前の午前組でプレーした尾崎将司(70)が、3バーディー、2ボギーの70で回り、2013年のつるやオープン(66歳・スコア62)以来となる2度目のエージシュートを決めた。

 ホールアウト後にクラブハウスで20人近くのゴルフ記者に囲まれると、「男子ツアーが低迷しているし、少しでもこういう話題を提供できたのは良かったと思う」と得意満面だった。

 もっとも70を出しても決勝進出には5打も足りず、今季6度目の予選落ち(棄権2回)。久しぶりの取材に次第に口も滑らかになり、「後半の内容は自分でも全盛期を彷彿させるゴルフだったね」と言い出した。

 尾崎が言う全盛期とは20年近くも昔であり、その時に70のスコアなら「納得できない」とムッとしていたものだ。

 最初にエージシュートを達成した時は51位で獲得賞金は30万8400円。それ以来、ツアーでは1円も稼いでいない。主催者が記念に花束を渡したが、本心は「特別賞でもなんでもいいから、カネをくれ」だったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る