エージシュートでも予選落ち…70歳・ジャンボ尾崎の凋落

公開日:

【ホンマ・ツアーワールドカップ 2日目】

 天気が崩れる前の午前組でプレーした尾崎将司(70)が、3バーディー、2ボギーの70で回り、2013年のつるやオープン(66歳・スコア62)以来となる2度目のエージシュートを決めた。

 ホールアウト後にクラブハウスで20人近くのゴルフ記者に囲まれると、「男子ツアーが低迷しているし、少しでもこういう話題を提供できたのは良かったと思う」と得意満面だった。

 もっとも70を出しても決勝進出には5打も足りず、今季6度目の予選落ち(棄権2回)。久しぶりの取材に次第に口も滑らかになり、「後半の内容は自分でも全盛期を彷彿させるゴルフだったね」と言い出した。

 尾崎が言う全盛期とは20年近くも昔であり、その時に70のスコアなら「納得できない」とムッとしていたものだ。

 最初にエージシュートを達成した時は51位で獲得賞金は30万8400円。それ以来、ツアーでは1円も稼いでいない。主催者が記念に花束を渡したが、本心は「特別賞でもなんでもいいから、カネをくれ」だったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る