怒濤巻き返し リーグ優勝決定戦進出したヤンキースの戦略

公開日:

 今年のポストシーズンで米メディアが本命視していたのはインディアンスだった。

 昨年のワールドシリーズに進出した戦力と、8月から9月中旬にかけてア・リーグ記録の22連勝を達成した勢いが根拠だったが、そのインディアンスをヤンキースが下した。

 後がない連敗スタートから、まさかの3連勝で5年ぶりにリーグ優勝決定戦に駒を進めた。

 スタメンにずらりとスターの名前が並んだかつての姿はどこへやら。本塁打王のジャッジ(25)をはじめ、中軸打者のサンチェス(24)やバード(24)らは生え抜きの若手。11日(日本時間12日)に2本塁打したグレゴリアス(27)、二塁手のカストロ(27)らにしてもトレードで他球団から獲得、ヤンキースで開花した選手たちだ。

 FA市場で静観するようになったのは3年前のオフから。A・ロッドやテシェイラといった大物が引退。マッキャンやベルトランらスターを放出して、若手野手育成に舵を切った。昨年こそプレーオフ進出を逃したものの、今季はワイルドカードから勝ち上がった。

 毎年のようにFA補強に血道を上げながら優勝から遠ざかっている日本のどこかの球団も、そのチームづくりは参考になるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る