フル回転続く田中 未体験ゾーン突入で高まる右肘の不安

公開日:

 ヤンキース・田中将大(28)が13日(日本時間14日)、アストロズとのリーグ優勝決定戦の初戦(ヒューストン)に登板。6回4安打2失点と好投するも打線の援護に恵まれず負け投手となった。試合は1-2で敗れた。

 インディアンスとの地区シリーズ第3戦では7回無失点と好投。連敗スタートの崖っぷちからシリーズの流れを引き寄せた。ジラルディ監督は今後、田中を中心としたローテーションになると示唆している。

 順番通りなら、今シリーズは初戦と5戦目の2試合に登板。リーグ優勝を果たせば、24日からのワールドシリーズ初戦のマウンドを託される可能性もある。だとすれば、負担の大きい中4日登板が3回続くことになる。8年ぶりの世界一に向け、獅子奮迅の働きを求められるが、田中にとっては未体験の領域に足を踏み入れる。

 アストロズ戦までのレギュラーシーズンも含めた今季の投球回数は計185.1。残り14.2回で200イニングに到達する。田中は2014年に入団して以来、年間200イニングに一度も達していない。昨季の199.2回が最多だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る