台風で最終日なし 男女優勝者の米挑戦の思いには雲泥の差

公開日:

 台風21号の影響で男女の大会最終日は早々と中止が決定。初日も降雨によるコンディション不良で中止になった男子のブリヂストンオープン(千葉)は、通算9アンダーで首位に立っていた時松隆光(24)が36ホールのプレーでツアー2勝目を手にした。

 この大会の優勝者は、昨シーズン松山英樹が勝った8月のBS招待に出場できる。

「結果は見えていますが(笑い)、せっかく出られるのでドベ(最下位)にはなりたくない。自分のゴルフを、というよりは何が足りないのか見たい。まあ、一番は飛距離。プレースタイルやマネジメントも見てみたいです」

 実績が乏しいだけに謙虚といえば謙虚だが、プロのはしくれなら「米ツアーのやつらに一泡吹かせてやりますよ」というぐらいの強気のコメントが聞きたかった。

 一方の女子は、マスターズGCレディース(兵庫)の上田桃子(31)が通算11アンダーで今季2勝目、通算13勝目を挙げた。こちらは07年の賞金女王で、かつては米女子ツアーを主戦場に戦ったこともあるだけに言う事がちょっと違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る