あわや90年ぶりアマ優勝 19歳の新星・金谷拓実の伸びしろ

公開日: 更新日:

【日本オープン】

 第1回大会(赤星六郎=1927年)から実に90年ぶりに、「ゴルファー日本一」の称号をアマチュアにさらわれるところだった。

 大会2日目から首位の座をキープし、2位に5打差をつけて単独首位から発進した池田勇太(31)だ。この日は最終組で回った東北福祉大1年生の金谷拓実(19)の勢いに圧倒されて、1打差で辛うじて逃げ切りという情けない勝利だった。

 池田は3番でOBを打ってダブルボギーとするなど、前半はスコアを1つ落として通算9アンダーでターン。一方の金谷は3バーディー(ノーボギー)を奪って通算8アンダーとして1打差に迫った。インに入って、池田がワンオンに成功した11番パー4でバーディーを決め、パーセーブの金谷との差は2打。続く12番パー3は金谷が3パットボギーをたたき3打差になった。残りホールを考えればプロが断然有利な展開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る