出遅れ松山英樹 パット不調は全米プロ敗戦のトラウマか?

公開日: 更新日:

【WGC―HSBCチャンピオンズ】

 前年覇者の松山英樹(25)が2オーバー67位タイと出遅れた。

 昨年大会は初日66で回り3位発進。2日目に13アンダーまでスコアを伸ばしてトップに立つと、4日間とも60台で逃げ切り、2位に7打差をつける通算23アンダーの圧勝だった。

 ところが今年はショット、パットとも精彩を欠き、初日のフェアウエーキープは6ホールだけ(42.86%=ランク65位タイ)。平均パット数は1.864(同56位タイ)だった。

 イン発進の前半は16番で初バーディーを決めたが、2オンに成功した18番パー5は3メートルのイーグルチャンスから3パット。1メートル足らずのバーディーパットも入らなかった。

「パットが良くない。18番からおかしくなった」(松山)と、折り返して1番で2.5メートルを決められずにボギー。続く2番パー5はバンカーからの3打目をピンそば60センチに寄せながらバーディーパットを外した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る