清宮を外して焦り…巨人は「順位繰り上げ」連発の及び腰

公開日: 更新日:

「多少、緊張感はあった」と漏らした巨人高橋由伸監督(42)が臨んだ初めてのクジ引きは、無残なものだった。早実・清宮を7球団競合の抽選で逃し、外れ1位では九州学院・村上を3球団競合の抽選で外した。外れの外れで中大・鍬原拓也投手(21)を指名。ここでやっと1位指名が確定した。

「当初、外れ1位候補の筆頭は、高校生では清宮に次ぐ知名度を誇る履正社・安田だった。ただ、外れの中で人気ナンバーワンの評価で、昨年の佐々木(ロッテ)同様、5球団競合まであるとの計算だった。昨年のように抽選を2度外すリスクは避けたいため、一本釣りできる可能性が高いとみていた九州学院の村上を指名。それが、フタを開けてみれば、村上もヤクルト楽天と競合した。結局、安田も村上も3球団ずつ。安田で勝負できず、安全策でいったのにクジ引きを外したのは大誤算でしょう」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る