清宮を外して焦り…巨人は「順位繰り上げ」連発の及び腰

公開日:  更新日:

「多少、緊張感はあった」と漏らした巨人・高橋由伸監督(42)が臨んだ初めてのクジ引きは、無残なものだった。早実・清宮を7球団競合の抽選で逃し、外れ1位では九州学院・村上を3球団競合の抽選で外した。外れの外れで中大・鍬原拓也投手(21)を指名。ここでやっと1位指名が確定した。

「当初、外れ1位候補の筆頭は、高校生では清宮に次ぐ知名度を誇る履正社・安田だった。ただ、外れの中で人気ナンバーワンの評価で、昨年の佐々木(ロッテ)同様、5球団競合まであるとの計算だった。昨年のように抽選を2度外すリスクは避けたいため、一本釣りできる可能性が高いとみていた九州学院の村上を指名。それが、フタを開けてみれば、村上もヤクルト、楽天と競合した。結局、安田も村上も3球団ずつ。安田で勝負できず、安全策でいったのにクジ引きを外したのは大誤算でしょう」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る