ワールドシリーズ チケット価格高騰で史上最高額を更新

公開日: 更新日:

 24日(日本時間25日)に開幕するワールドシリーズ。アストロズ、ドジャースのア、ナ両リーグとも西地区同士の顔合わせとなった一戦は、チケットの価格が高騰しているという。

 複数の米メディアが23日に報じたところによれば、第4戦までの平均価格で最も高額なのは第1戦(ロサンゼルス)の1378ドル(約15万6000円)。最も安くても第3戦(ヒューストン)の1247ドル(約14万円)だ。最低平均価格が1200ドルを上回ったのは史上初めてのことだという。

 最も安い席でもドジャースタジアムが900ドル(約10万2000円)、ミニッツメイドパークが850ドル(約9万6000円)と、いずれも値はつり上がっている。

 ドジャースのワールドシリーズ進出は世界一になった1988年以来、29年ぶり。

 一方のアストロズは2005年以来、12年ぶりで初の世界一を目指す。大一番を前に両軍の地元の関心は高まっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る