外れ外れ1位 巨人は即戦力右腕の鍬原に“ポスト沢村”期待

公開日:  更新日:

 巨人が外れ外れ1位で指名した中大の即戦力右腕・鍬原拓也(21)は最速152キロ。スカウトや関係者の間では、大学の先輩でもある「巨人の沢村タイプ」との声がある。

 元中大監督で巨人OBの高橋善正氏(評論家)は「沢村より球威はないが、制球力は鍬原の方が上。気持ちが強そうなタイプ」と指摘する。高橋由伸監督もドラフト会議後、「右のパワーピッチャーは補強ポイント」と評価。「最初から期待したい」と即戦力として迎え入れる方針を語っている。

「右のパワー系」とは、まるで来季の去就が未定の絶対的セットアッパー・マシソンが退団することを想定しているかのようである。16年にセーブ王を獲得した沢村も右のパワー系だ。助っ人はともかく、沢村が来季の戦力として計算できないところが、鍬原の指名と関係している。

 沢村は今季、右肩痛のため、一軍登板ゼロに終わった。球団はトレーナーのはり治療での施術ミスの可能性があると発表しており、現在は三軍の秋季練習に参加中。遠投は行っているが右肩は一進一退の状態だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る