左の中継ぎ欲しい巨人 日ハム宮西FA行使なら虎と争奪戦

公開日: 更新日:

 日本ハムのFA勢に注目が集まっている。

 国内FA権を取得している増井浩俊(33)が30日、球団と2度目の残留交渉を行う。本人は「次の交渉で決める」と話しており、権利を行使した時に備え、巨人は手を挙げる準備を進めている。ただ、巨人のチーム内で需要が高まっているのは、海外FA権を持つ宮西尚生(32)だという。

 こちらは28日に球団と残留交渉を行ったものの、宮西は「11月に入ってからになるかもしれない」と結論は急がない方向だ。

 宮西は今季、史上2人目でパ・リーグ初となる10年連続50試合登板を達成。51試合で4勝5敗、防御率3.32だった。

 まさに巨人の補強ポイントだ。村田真ヘッド兼バッテリーコーチや斎藤投手総合コーチは「左の中継ぎがいない」と口を揃える。巨人は昨オフもソフトバンクから変則中継ぎ左腕の森福をFAで獲得したが、30試合で1勝3敗、防御率3.05。一、二軍を行ったり来たりで、期待外れに終わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る