左の中継ぎ欲しい巨人 日ハム宮西FA行使なら虎と争奪戦

公開日: 更新日:

 日本ハムのFA勢に注目が集まっている。

 国内FA権を取得している増井浩俊(33)が30日、球団と2度目の残留交渉を行う。本人は「次の交渉で決める」と話しており、権利を行使した時に備え、巨人は手を挙げる準備を進めている。ただ、巨人のチーム内で需要が高まっているのは、海外FA権を持つ宮西尚生(32)だという。

 こちらは28日に球団と残留交渉を行ったものの、宮西は「11月に入ってからになるかもしれない」と結論は急がない方向だ。

 宮西は今季、史上2人目でパ・リーグ初となる10年連続50試合登板を達成。51試合で4勝5敗、防御率3.32だった。

 まさに巨人の補強ポイントだ。村田真ヘッド兼バッテリーコーチや斎藤投手総合コーチは「左の中継ぎがいない」と口を揃える。巨人は昨オフもソフトバンクから変則中継ぎ左腕の森福をFAで獲得したが、30試合で1勝3敗、防御率3.05。一、二軍を行ったり来たりで、期待外れに終わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る