長打出ずCS第1S敗退 来季阪神はFA日ハム中田翔にすがる

公開日: 更新日:

 10安打6得点のDeNAに対し、8安打を放ちながら1得点止まり。雨中の2戦目に続いて打ち負け、リーグ2位通過ながらCSファーストステージで敗退したのが金本監督率いる阪神だ。

 敗因のひとつは、やはり長打力不足だろう。

 今季のチーム本塁打113は巨人と並んでリーグ3位も、20本以上放った打者は中谷(24)ひとり。これに福留(40)の18本、糸井(36)の17本が続き、2ケタ本塁打を記録したのはこの3人しかいない。打点にしても福留の79が最高だ。得点源となるべき中軸があまりに破壊力不足。「オフの補強ポイントは右の大砲」と言われるのも、もっともなのだ。

 今回のCS敗退で改めてモロさが露呈、いよいよ加速しそうなのが中田翔(28=日本ハム)取りだろう。

 今季限りで中日との契約が切れる本塁打王・ゲレーロ(30)の獲得に乗り出すという話もあるものの、巨人やソフトバンクが相手ではいかにも分が悪い。ドラフトで早実の清宮幸太郎を指名するというが、当たりクジを引くとは限らないし、獲得したところで1年目から中軸を任せられるとは思えない。阪神OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る