長打出ずCS第1S敗退 来季阪神はFA日ハム中田翔にすがる

公開日:

 10安打6得点のDeNAに対し、8安打を放ちながら1得点止まり。雨中の2戦目に続いて打ち負け、リーグ2位通過ながらCSファーストステージで敗退したのが金本監督率いる阪神だ。

 敗因のひとつは、やはり長打力不足だろう。

 今季のチーム本塁打113は巨人と並んでリーグ3位も、20本以上放った打者は中谷(24)ひとり。これに福留(40)の18本、糸井(36)の17本が続き、2ケタ本塁打を記録したのはこの3人しかいない。打点にしても福留の79が最高だ。得点源となるべき中軸があまりに破壊力不足。「オフの補強ポイントは右の大砲」と言われるのも、もっともなのだ。

 今回のCS敗退で改めてモロさが露呈、いよいよ加速しそうなのが中田翔(28=日本ハム)取りだろう。

 今季限りで中日との契約が切れる本塁打王・ゲレーロ(30)の獲得に乗り出すという話もあるものの、巨人やソフトバンクが相手ではいかにも分が悪い。ドラフトで早実の清宮幸太郎を指名するというが、当たりクジを引くとは限らないし、獲得したところで1年目から中軸を任せられるとは思えない。阪神OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る