長打出ずCS第1S敗退 来季阪神はFA日ハム中田翔にすがる

公開日: 更新日:

 10安打6得点のDeNAに対し、8安打を放ちながら1得点止まり。雨中の2戦目に続いて打ち負け、リーグ2位通過ながらCSファーストステージで敗退したのが金本監督率いる阪神だ。

 敗因のひとつは、やはり長打力不足だろう。

 今季のチーム本塁打113は巨人と並んでリーグ3位も、20本以上放った打者は中谷(24)ひとり。これに福留(40)の18本、糸井(36)の17本が続き、2ケタ本塁打を記録したのはこの3人しかいない。打点にしても福留の79が最高だ。得点源となるべき中軸があまりに破壊力不足。「オフの補強ポイントは右の大砲」と言われるのも、もっともなのだ。

 今回のCS敗退で改めてモロさが露呈、いよいよ加速しそうなのが中田翔(28=日本ハム)取りだろう。

 今季限りで中日との契約が切れる本塁打王・ゲレーロ(30)の獲得に乗り出すという話もあるものの、巨人やソフトバンクが相手ではいかにも分が悪い。ドラフトで早実の清宮幸太郎を指名するというが、当たりクジを引くとは限らないし、獲得したところで1年目から中軸を任せられるとは思えない。阪神OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る