勝負分けた18番第2打 惜敗2位・鈴木愛のミスをプロ解説

公開日:

【TOTOジャパンクラシック】

 フォン・シャンシャン(28)が鈴木愛(23)を2打差で振り切り連覇で幕を閉じた今大会。鈴木が3メートル以内につけた12、13番のバーディーパットを沈めていれば、その後の展開は大きく変わっていたかもしれないが、もうひとつのキーホールは18番(パー4)だった。

 19アンダーで1打リードのシャンシャンは、第1打を右のバンカーに入れて、第2打をグリーンカラーの手前に運んだ。

 一方、鈴木の第1打はフェアウエーのほぼ中央。第2打はピンまで161ヤード。ピン位置は手前13ヤード、左7ヤード。初日からショットがいいのでピンそばにつけてバーディーならプレーオフが濃厚だった。しかし、6番アイアンで打ったボールはグリーンに届かず花道で止まった。

 コースをよく知る田原紘プロが、鈴木のミスをこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る