勝負分けた18番第2打 惜敗2位・鈴木愛のミスをプロ解説

公開日: 更新日:

【TOTOジャパンクラシック】

 フォン・シャンシャン(28)が鈴木愛(23)を2打差で振り切り連覇で幕を閉じた今大会。鈴木が3メートル以内につけた12、13番のバーディーパットを沈めていれば、その後の展開は大きく変わっていたかもしれないが、もうひとつのキーホールは18番(パー4)だった。

 19アンダーで1打リードのシャンシャンは、第1打を右のバンカーに入れて、第2打をグリーンカラーの手前に運んだ。

 一方、鈴木の第1打はフェアウエーのほぼ中央。第2打はピンまで161ヤード。ピン位置は手前13ヤード、左7ヤード。初日からショットがいいのでピンそばにつけてバーディーならプレーオフが濃厚だった。しかし、6番アイアンで打ったボールはグリーンに届かず花道で止まった。

 コースをよく知る田原紘プロが、鈴木のミスをこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る