日本ハム残留の中田翔 護摩行で誓った“来季こそFA移籍”

公開日: 更新日:

「球団といろんな話をさせてもらって、残留することに決めました」

 14日、札幌市内の球団事務所で行われた記者会見。日本ハム中田翔(28)は、サッパリした表情で切り出した。

 今季取得した国内FA権を巡っては当初、「阪神移籍が既定路線」と言われた。本人も親しい関係者には、「金本さんのところにお世話になる」と漏らしていたが、相思相愛だと思われたその意中の球団は、本格的に若手育成へ方針転換。自身の今季の成績低迷(打率.216、16本塁打、67打点)もあり、他球団の反応は芳しくなかった。

 中田がオフレコで「福良さんのとこもええかなぁ」と言っていたオリックスも最後まで獲得に積極的な姿勢を見せず。会見で、「結果を残していないのに、あれだけの声援をもらった。心の底からうれしかった。そういう気持ちを持っている皆さんを裏切れない」と残留を決断するに至った理由を話したが、“引き取り手がなかった”というのが真相である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る