築36年西武「若獅子寮」建て替えは清宮パパがきっかけ?

公開日:

 そう思われても当然だろう。

 西武の合宿所(若獅子寮)と室内練習場が建て替えられることになった。今年で築36年の合宿所は時代遅れの平屋建てで、雨漏りする練習場とともに選手会から改善が求められていた。ここにきて球団の親会社である西武ホールディングスが重い腰を上げたのは、あの一言がきっかけではないか。

 今年のドラフト前に清宮親子が行った10球団との面談で西武は、父・克幸さんから老朽化が指摘されている合宿所などについて「改善されていますか?」と質問されたという。

 阪神は清宮家との面談直後、鳴尾浜球場の敷地内にあるウエートトレーニングルームの改築を発表。「あれは練習環境を重視する清宮の父親に対するアピール」ともっぱらだった。

 清宮との交渉権獲得の当たりくじを引いた日本ハムの合宿所(勇翔寮)も西武同様、二軍球場に隣接。築20年以上経ってはいるものの、こちらは鉄筋5階建てで、内装、外観もまだまだきれいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る