大谷の米移籍にメジャー選手会が横やり 新入札制度に難色

公開日:

 日本ハム・大谷翔平(23)の今オフの大リーグ移籍に待ったがかかった。

 米選手会が大リーグ機構(MLB)と日本野球機構(NPB)が新たに合意した入札制度に難色を示しているという。

 新制度は従来通り、NPB球団が譲渡金の上限を2000万ドル(約22億6000万円)に設定。支払う意思のある球団は大谷との交渉が可能になる。

 しかし、MLBの労使協定では、各球団ごとに25歳未満の外国人選手の契約金に上限を設けており、今オフはレンジャーズが大谷に支払う353万ドル(約4億円)が最高。年俸はメジャー最低保証の54万5000ドル(約6140万円)程度になるとみられ、大谷が得る金額よりも球団が手にする譲渡金が上回るため、米選手会が反発しているという。

 新入札制度の発効は選手会の承認が必要で、選手会は20日までに結論を出すとしている。二刀流の渡米は先送りされるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る