大谷の米移籍にメジャー選手会が横やり 新入札制度に難色

公開日:

 日本ハム・大谷翔平(23)の今オフの大リーグ移籍に待ったがかかった。

 米選手会が大リーグ機構(MLB)と日本野球機構(NPB)が新たに合意した入札制度に難色を示しているという。

 新制度は従来通り、NPB球団が譲渡金の上限を2000万ドル(約22億6000万円)に設定。支払う意思のある球団は大谷との交渉が可能になる。

 しかし、MLBの労使協定では、各球団ごとに25歳未満の外国人選手の契約金に上限を設けており、今オフはレンジャーズが大谷に支払う353万ドル(約4億円)が最高。年俸はメジャー最低保証の54万5000ドル(約6140万円)程度になるとみられ、大谷が得る金額よりも球団が手にする譲渡金が上回るため、米選手会が反発しているという。

 新入札制度の発効は選手会の承認が必要で、選手会は20日までに結論を出すとしている。二刀流の渡米は先送りされるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る