大谷の米移籍にメジャー選手会が横やり 新入札制度に難色

公開日: 更新日:

 日本ハム・大谷翔平(23)の今オフの大リーグ移籍に待ったがかかった。

 米選手会が大リーグ機構(MLB)と日本野球機構(NPB)が新たに合意した入札制度に難色を示しているという。

 新制度は従来通り、NPB球団が譲渡金の上限を2000万ドル(約22億6000万円)に設定。支払う意思のある球団は大谷との交渉が可能になる。

 しかし、MLBの労使協定では、各球団ごとに25歳未満の外国人選手の契約金に上限を設けており、今オフはレンジャーズが大谷に支払う353万ドル(約4億円)が最高。年俸はメジャー最低保証の54万5000ドル(約6140万円)程度になるとみられ、大谷が得る金額よりも球団が手にする譲渡金が上回るため、米選手会が反発しているという。

 新入札制度の発効は選手会の承認が必要で、選手会は20日までに結論を出すとしている。二刀流の渡米は先送りされるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る