ライバル中村は今もみっちり 日ハム清宮に練習不足の懸念

公開日: 更新日:

「60本です!」

 26日、札幌ドームで行われた日本ハムのファンフェスタでの新入団選手発表。ドラフト1位の清宮幸太郎(早実)は用意された色紙に「北海道から世界へ」と記し、「北海道から世界に羽ばたこうと思っています」と決意表明すると、目標の本塁打数について、バレンティン(ヤクルト)が持つ日本記録をブチ上げた。

 栗山監督が開幕スタメン構想を温めるなど、1年目から活躍したいと考えている清宮にとって、来年1月の入寮までの準備期間は非常に大事なものになる。仮契約の際、「夏場よりウエートをやり、走ってもいる。全体的に体がなまらないようにやっている」と話していた清宮は引退後も週2~3日程度、練習場に通っていたという。打撃練習やノックも受けているというが、早実は学力レベルの高い学校だけに試験勉強も必要。練習だけに時間を割くのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る