ライバル中村は今もみっちり 日ハム清宮に練習不足の懸念

公開日: 更新日:

 清宮は184センチ、101キロ。中学時代に体重が100キロを超え、指導者から減量を指示されたこともあった。日ハムからは入寮までのトレーニングメニューを手渡されているようだが、何より体重管理が重要になりそうだ。

■広陵の野球部長が明かす

 一方、清宮にとって今後、同期の中でも最大のライバルであろう広島ドラフト1位の中村奨成(広陵)は今も毎日、学校で練習に励んでいるという。

 19日に広島商と高校最後の対外試合を行い、高校通算45号本塁打を放った。11月まで試合に出るのも珍しいが、3年生は毎年この時期に行われる広島商との定期戦が引退試合になる。

 広陵の市場直樹野球部長が言う。

「3年生は夏で一区切りをつけますが、基本的に上でも野球を続ける生徒は12月下旬の終業式まで下級生の手伝いをしながら、彼らと同じメニューをこなします。今は秋の公式戦が終わり、走り込みなど冬の強化練習を増やしていく段階。中村は12月末まで学校で寮生活を送り、来年1月の新人合同自主トレが始まるまで、学校でトレーニングを積む予定です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る