3年前には争奪戦 ソフトB退団の松坂を拾う球団はあるか

公開日: 更新日:

 5日、ソフトバンク松坂大輔(37)の退団が正式に発表された。

 球団は支配下登録から外し、コーチ契約を結んだうえで復帰を目指す道筋を提示したが、松坂はこれを固辞。球団を通じて「この3年間期待に応えられず申し訳ありませんでした」とコメントした松坂は、「いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは一軍のマウンドだと思っています。またいつかグラウンドでファンの皆さま、チームメートに再会できることを信じて前を向き続けていきたいと思います」と現役一本で勝負すると表明した。

 ソフトバンクでの3年間は、右肩の故障もあって一軍登板はたったの1試合。獲得に手を挙げる球団があるとは思えないが、さる球界関係者は「松坂が死に場所を探すというなら、それを提供してもいいと考える球団があるかもしれない」と次の4球団を挙げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る