3年前には争奪戦 ソフトB退団の松坂を拾う球団はあるか

公開日:

 5日、ソフトバンク松坂大輔(37)の退団が正式に発表された。

 球団は支配下登録から外し、コーチ契約を結んだうえで復帰を目指す道筋を提示したが、松坂はこれを固辞。球団を通じて「この3年間期待に応えられず申し訳ありませんでした」とコメントした松坂は、「いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは一軍のマウンドだと思っています。またいつかグラウンドでファンの皆さま、チームメートに再会できることを信じて前を向き続けていきたいと思います」と現役一本で勝負すると表明した。

 ソフトバンクでの3年間は、右肩の故障もあって一軍登板はたったの1試合。獲得に手を挙げる球団があるとは思えないが、さる球界関係者は「松坂が死に場所を探すというなら、それを提供してもいいと考える球団があるかもしれない」と次の4球団を挙げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る