• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阿部も5000万円減 巨人厳冬更改に30代ベテラン戦々恐々

 Bクラス4位に沈んだ巨人の主力選手の契約更改交渉が27日、都内の球団事務所で始まった。

 先陣を切った大竹寛(34)は巨人移籍4年目の今季、13試合に先発して4勝4敗、防御率5.09。1750万円ダウンの年俸5250万円で更改した。

 阿部慎之助(38)は5000万円減の年俸2億1000万円でサイン。8月13日に巨人生え抜きでは5人目となる2000安打を達成するなど、129試合に出場し、打率・262、15本塁打。チーム2位の76打点を挙げたものの、「昔、打ち過ぎてしまったので、(成績が)だいぶ落ちたと言われるけど、来年は年相応の活躍をしたい」と大幅ダウンに苦笑い。来季へ向けて「(チーム)最年長になってしまったので、後輩たちにいいアドバイスができるよう、自分も成績を残せるようにやっていきたい」とサバサバと話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る