• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阿部も5000万円減 巨人厳冬更改に30代ベテラン戦々恐々

 Bクラス4位に沈んだ巨人の主力選手の契約更改交渉が27日、都内の球団事務所で始まった。

 先陣を切った大竹寛(34)は巨人移籍4年目の今季、13試合に先発して4勝4敗、防御率5.09。1750万円ダウンの年俸5250万円で更改した。

 阿部慎之助(38)は5000万円減の年俸2億1000万円でサイン。8月13日に巨人生え抜きでは5人目となる2000安打を達成するなど、129試合に出場し、打率・262、15本塁打。チーム2位の76打点を挙げたものの、「昔、打ち過ぎてしまったので、(成績が)だいぶ落ちたと言われるけど、来年は年相応の活躍をしたい」と大幅ダウンに苦笑い。来季へ向けて「(チーム)最年長になってしまったので、後輩たちにいいアドバイスができるよう、自分も成績を残せるようにやっていきたい」とサバサバと話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る