FA交渉解禁 巨人は「マシソン残留」が今オフ最大の補強

公開日:

 今季Bクラス4位に沈んだ巨人の大補強がいよいよ始まる。16日に交渉が解禁されたFAでは、日本ハムの守護神・増井(33)を調査中。15日のトライアウトを視察した鹿取GMはソフトバンクの大隣(32)に熱視線を送った。新外国人補強はバレンティン(33=ヤクルト)、ゲレーロ(30=中日)といった国内他球団の大砲と同時に、新規の助っ人投手も調査している。マイコラス(29)とマシソン(33)の流出に備えてだ。

 巨人の今オフの重要事項として、この2投手との残留交渉がある。マイコラスは巨人での3年間で通算31勝13敗、防御率2・18。今季も14勝8敗を挙げ、菅野と並ぶエース格だ。

■マシソンの決断一つで補強方針ガラリ

 一方のマシソンは今季59試合に登板して4勝4敗、防御率2・24。巨人6年目で通算152ホールドをマークし、NPBの外国人投手では史上初となる通算150ホールドを達成した絶対的セットアッパーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る