FA交渉解禁 巨人は「マシソン残留」が今オフ最大の補強

公開日: 更新日:

 今季Bクラス4位に沈んだ巨人の大補強がいよいよ始まる。16日に交渉が解禁されたFAでは、日本ハムの守護神・増井(33)を調査中。15日のトライアウトを視察した鹿取GMはソフトバンクの大隣(32)に熱視線を送った。新外国人補強はバレンティン(33=ヤクルト)、ゲレーロ(30=中日)といった国内他球団の大砲と同時に、新規の助っ人投手も調査している。マイコラス(29)とマシソン(33)の流出に備えてだ。

 巨人の今オフの重要事項として、この2投手との残留交渉がある。マイコラスは巨人での3年間で通算31勝13敗、防御率2・18。今季も14勝8敗を挙げ、菅野と並ぶエース格だ。

■マシソンの決断一つで補強方針ガラリ

 一方のマシソンは今季59試合に登板して4勝4敗、防御率2・24。巨人6年目で通算152ホールドをマークし、NPBの外国人投手では史上初となる通算150ホールドを達成した絶対的セットアッパーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去