巨人が抜く“伝家の宝刀” FA増井取りに「終身雇用」提示へ

公開日:  更新日:

 日本ハムの増井浩俊(33)が14日、札幌市内の球団事務所で会見を行い、国内FA権の行使を表明した。

「球団からは残って欲しい、チームが勝つために僕の力が必要と言ってもらった。FA宣言するが、残留を視野に入れながら、他球団の話を聞いてみたい。FAを取れると思っていなかった。この機会にいろいろな話を聞きたい」と明かした。

 今季は守護神として52試合に登板し、6勝1敗27セーブ、防御率2.39。プロ野球史上4人目の「100セーブ、100ホールド」も達成した。昨季は先発として10勝。「前・中・後」のどこでもOKという使い勝手も武器の増井は「少しでも長くプロ野球の世界でやりたい。長い契約をいただけるのが一番」と言った。真っ先に手を挙げそうなのは巨人である。

「巨人はリリーフ投手が補強ポイント。もともと相思相愛ともっぱらだが、来年34歳になるだけに、昨オフに陽岱鋼や山口俊に提示した4年や5年はさすがに長い。3年7.5億円程度の提示が見込まれる。巨人の強みは、引退後もコーチなどで球団に残れる『終身雇用』契約。今の首脳陣も、巨人にFAで入団して引退後の2010年から一度もユニホームを脱いでいない江藤(三軍監督)をはじめ、豊田(一軍投手コーチ)、金城(二軍外野守備走塁コーチ)、片岡(二軍内野守備走塁コーチ)とFAコーチがズラリ。今季限りで引退した相川も断ったとはいえ、球団からコーチの打診があったことを明かしている。巨人に入れば増井はいずれ投手コーチ。終身雇用という、ある意味、一番長い契約を手にできるのが巨人のウリではあるが、昨年はFAで陽、トレードで吉川光ら、峠の過ぎた日ハム選手が集まる“墓場”のようになってきました」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る