巨人が抜く“伝家の宝刀” FA増井取りに「終身雇用」提示へ

公開日: 更新日:

 日本ハムの増井浩俊(33)が14日、札幌市内の球団事務所で会見を行い、国内FA権の行使を表明した。

「球団からは残って欲しい、チームが勝つために僕の力が必要と言ってもらった。FA宣言するが、残留を視野に入れながら、他球団の話を聞いてみたい。FAを取れると思っていなかった。この機会にいろいろな話を聞きたい」と明かした。

 今季は守護神として52試合に登板し、6勝1敗27セーブ、防御率2.39。プロ野球史上4人目の「100セーブ、100ホールド」も達成した。昨季は先発として10勝。「前・中・後」のどこでもOKという使い勝手も武器の増井は「少しでも長くプロ野球の世界でやりたい。長い契約をいただけるのが一番」と言った。真っ先に手を挙げそうなのは巨人である。

「巨人はリリーフ投手が補強ポイント。もともと相思相愛ともっぱらだが、来年34歳になるだけに、昨オフに陽岱鋼山口俊に提示した4年や5年はさすがに長い。3年7.5億円程度の提示が見込まれる。巨人の強みは、引退後もコーチなどで球団に残れる『終身雇用』契約。今の首脳陣も、巨人にFAで入団して引退後の2010年から一度もユニホームを脱いでいない江藤(三軍監督)をはじめ、豊田(一軍投手コーチ)、金城(二軍外野守備走塁コーチ)、片岡(二軍内野守備走塁コーチ)とFAコーチがズラリ。今季限りで引退した相川も断ったとはいえ、球団からコーチの打診があったことを明かしている。巨人に入れば増井はいずれ投手コーチ。終身雇用という、ある意味、一番長い契約を手にできるのが巨人のウリではあるが、昨年はFAで陽、トレードで吉川光ら、峠の過ぎた日ハム選手が集まる“墓場”のようになってきました」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る