来日なら争奪戦 台湾の三冠王・王柏融に聞いた巨人の印象

公開日: 更新日:

「當然是有阿(もちろんあります)」

 日刊ゲンダイが「日本でやりたい気持ちはあるか?」と直撃すると、笑顔を交えてこう答えたのは、アジアプロ野球チャンピオンシップ台湾代表の王柏融(24=外野手)だ。

 中国文化大から15年にラミゴに入団。プロ3年目の今季、2年連続となる打率4割(.407)をマークし、31本塁打、101打点で三冠王を達成。昨季に続くMVPを獲得した。地元ファンやメディアは敬意を込めて「柏融大王」と呼ぶ台湾球界の新星である。

 今年2月、台湾選抜として侍ジャパンと壮行試合を戦い、則本(楽天)からバックスクリーン直撃の本塁打を放つなど3打数3安打。日本投手の対策は動画サイトでざっとチェックした程度だったというから、センスは高そうだ。同じ台湾代表の陽岱鋼(巨人)も「僕から見ても、すごい選手」と舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る