ヤンキースは脱落 “大谷争奪戦”最終選考に残った球団は?

公開日:

 今オフ、ポスティングシステムでの大リーグ移籍を目指す日本ハム・大谷翔平(23)。すでに1日(日本時間2日)に交渉が解禁され、4日(同5日)にもロサンゼルス市内の代理人事務所で、本人を交えた各球団との面談が始まる。

 すでに代理人であるネズ・バレロ氏は事前に各球団に提出を求めた二刀流起用プランを記した書面をもとに、球団を選別。ここにきて、書類選考を通過した球団が明らかになった。

 複数の米メディアが3日に報じたところによれば、全米屈指の人気を誇るヤンキース、レッドソックスの2球団に加え、大谷獲得を熱望していたツインズの3球団が脱落。バレロ氏が、3日までに各球団のGMに通達したという。

 ヤンキースは、25歳未満でドラフト対象外の外国人選手につぎ込める契約金の額がレンジャーズ(353万5000ドル=約4億円)に次いで高額(350万ドル)なことから、大谷獲得の有力候補のひとつとみられていた。MLB公式サイトによれば「オオタニはブロンクスメンバー(ヤンキースの一員)になることに興味はないようだ」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る