ヤンキースは脱落 “大谷争奪戦”最終選考に残った球団は?

公開日: 更新日:

 今オフ、ポスティングシステムでの大リーグ移籍を目指す日本ハム大谷翔平(23)。すでに1日(日本時間2日)に交渉が解禁され、4日(同5日)にもロサンゼルス市内の代理人事務所で、本人を交えた各球団との面談が始まる。

 すでに代理人であるネズ・バレロ氏は事前に各球団に提出を求めた二刀流起用プランを記した書面をもとに、球団を選別。ここにきて、書類選考を通過した球団が明らかになった。

 複数の米メディアが3日に報じたところによれば、全米屈指の人気を誇るヤンキース、レッドソックスの2球団に加え、大谷獲得を熱望していたツインズの3球団が脱落。バレロ氏が、3日までに各球団のGMに通達したという。

 ヤンキースは、25歳未満でドラフト対象外の外国人選手につぎ込める契約金の額がレンジャーズ(353万5000ドル=約4億円)に次いで高額(350万ドル)なことから、大谷獲得の有力候補のひとつとみられていた。MLB公式サイトによれば「オオタニはブロンクスメンバー(ヤンキースの一員)になることに興味はないようだ」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る