• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年商120億円、当期利益6億円 “企業”としての日本相撲協会

相撲協会の収支決算(C)日刊ゲンダイ

「人件費」が経営を圧迫

 社員同士のいざこざで窮地に立たされている「日本相撲協会」。2014年に念願の全日本柔道連盟と同じ公益財団法人に移行した1925年設立の老舗興行団体だ。この日本相撲協会を企業として見て、経営の安定度を探ってみた。

 まず、社員数だ。11月時点の力士数…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事