• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大和がFA移籍…金本阪神は人的補償でDeNAの投手に照準

 阪神の金本監督はすでに、目星をつけているかもしれない。

 大和がDeNAにFA移籍したことを受け、阪神はその見返りとして人的補償を検討している。球団内では「投手を狙う」との声も出ており、阪神が正式に人的補償を求めた場合、今月中に28人のプロテクトリストが届くことになっている。

 投手では今永、山崎、野手では筒香、宮崎ら主力に加え、高卒1年目の細川など若手有望株はプロテクトされるだろうが、「28人」の当落線上には、金本監督好みの選手がいるという。

「投手なら、ボールに力があり、先発のできる選手を獲得したいのではないか。12年ドラフト2位の三嶋一輝(27)は先発経験があり、球が速い。面白いのは15年ドラフト2位の熊原健人(24)です。2年目の今季は3勝を挙げたが、まだまだ成長途上。球の力が強く、ポテンシャルは高い。阪神の今秋ドラフト1位右腕・馬場皐輔と同じ仙台大出身というのも、後輩指導という点では都合がいい」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る