異常事態いつまで 阪神で続く“守備の要”のレギュラー不在

公開日:

 先日、秋季キャンプを打ち上げた阪神の金本監督は、センターラインの固定に言及。捕手、二塁、遊撃、中堅という守備の要になるポジションのレギュラーが決められない現状にアタマを悩ませているのだ。

 阪神はここ数年、センターラインを固められないでいる。それが影響してか、チーム82失策はリーグワースト2位。最少だった中日の57失策と比べてかなり多い。

 今オフ、一塁手の助っ人獲得を目指し、三塁には鳥谷がいることから、二塁、遊撃のポジション争いは大激戦。FA権を行使して去就が流動的な大和を除いても、上本、糸原、北條、森越、植田に加え、ベテラン西岡や本職が三塁の大山、さらに今秋ドラフト3位の遊撃手・熊谷(立大)にもチャンスがありそうだ。

 選手を競争させることで戦力を底上げしたい意図はわからなくないし、人数が多ければ故障者が出たときの手当てにもなる。とはいえ、どの選手もどんぐりの背比べで決め手に欠ける。ケガが多く、衰えを見せ始めている西岡がいまだに争いに加わっている時点で苦しいと言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る