異常事態いつまで 阪神で続く“守備の要”のレギュラー不在

公開日:

 先日、秋季キャンプを打ち上げた阪神の金本監督は、センターラインの固定に言及。捕手、二塁、遊撃、中堅という守備の要になるポジションのレギュラーが決められない現状にアタマを悩ませているのだ。

 阪神はここ数年、センターラインを固められないでいる。それが影響してか、チーム82失策はリーグワースト2位。最少だった中日の57失策と比べてかなり多い。

 今オフ、一塁手の助っ人獲得を目指し、三塁には鳥谷がいることから、二塁、遊撃のポジション争いは大激戦。FA権を行使して去就が流動的な大和を除いても、上本、糸原、北條、森越、植田に加え、ベテラン西岡や本職が三塁の大山、さらに今秋ドラフト3位の遊撃手・熊谷(立大)にもチャンスがありそうだ。

 選手を競争させることで戦力を底上げしたい意図はわからなくないし、人数が多ければ故障者が出たときの手当てにもなる。とはいえ、どの選手もどんぐりの背比べで決め手に欠ける。ケガが多く、衰えを見せ始めている西岡がいまだに争いに加わっている時点で苦しいと言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る