• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

2時間切りを狙う大迫傑に「東京五輪挑戦権」の違和感

東京五輪ありきではない(C)共同通信社

 白鵬のバンザイに続いて博多の街を賑わせたのが、福岡国際マラソンの大迫傑だった。日本歴代5位になる2時間7分19秒で3位。大迫といえば早大から大先輩の瀬古利彦(現日本陸連マラソンリーダー)率いるエスビー食品を蹴って日清食品に進み、さらに日本陸上界も蹴っ飛ばして渡米した一匹狼だ。“…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事