• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トレード商談スタート ダルに中小規模都市2球団が熱視線

 米大リーグ、マイナーリーグ関係者が一堂に会する「ウインターミーティング」が10日(日本時間11日)、フロリダ州レークブエナビスタで始まった。

 5日間の会合では各球団のGM同士によるトレードの商談が活発化するため、涌井秀章(31=前ロッテ)らFAや入札制度でメジャー移籍を目指す日本人選手にも動きがあるとみられる。

 今回のウインターミーティングの目玉として、その動向に注目を集めているのが他でもない、ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 本格的な交渉開始を前に、米誌「スポーツ・イラストレーテッド」(電子版)は10日、FA選手の移籍先を予想する記事を掲載。

 記事によれば、今オフのFA市場の目玉右腕に最も関心を寄せているのはツインズ(本拠地ミネソタ州ミネアポリス)、ブルワーズ(ウィスコンシン州ミルウォーキー)の2球団。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事