トレード商談スタート ダルに中小規模都市2球団が熱視線

公開日: 更新日:

 米大リーグ、マイナーリーグ関係者が一堂に会する「ウインターミーティング」が10日(日本時間11日)、フロリダ州レークブエナビスタで始まった。

 5日間の会合では各球団のGM同士によるトレードの商談が活発化するため、涌井秀章(31=前ロッテ)らFAや入札制度でメジャー移籍を目指す日本人選手にも動きがあるとみられる。

 今回のウインターミーティングの目玉として、その動向に注目を集めているのが他でもない、ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 本格的な交渉開始を前に、米誌「スポーツ・イラストレーテッド」(電子版)は10日、FA選手の移籍先を予想する記事を掲載。

 記事によれば、今オフのFA市場の目玉右腕に最も関心を寄せているのはツインズ(本拠地ミネソタ州ミネアポリス)、ブルワーズ(ウィスコンシン州ミルウォーキー)の2球団。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る