• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武から野上獲得の巨人 メジャー挑戦の涌井も密かに狙う

 今季Bクラス4位に沈んだ巨人の補強に「隠し玉」がいるとの話がある。

 FAで西武から3年総額4億5000万円で野上亮磨(30)を獲得。今季中日に在籍し、セ・リーグ本塁打王を獲得したゲレーロの獲得も秒読みに入っている。

 FA補強はあと1人の獲得が可能。現在、宣言をしていて行き先が決まっていないのは、日本ハムの大野とソフトバンクの鶴岡の捕手2人だが、それぞれ中日と日本ハム入りが濃厚となっている。巨人が動こうにも、市場に「タマ」がいない。FA補強はこれにて打ち止めか。「いや、メジャー志望組を注視していますよ」と、さる球界関係者がこう続けるのだ。

「平野、涌井の2人が海外FA権、牧田がポスティングを利用してメジャー挑戦を表明している。もともと本命だった牧田は取得した国内FA権を行使しなかったため、このオフは手を出せない。そこで巨人の補強リストに涌井の名前が浮上しているんです。平野より涌井の方が、メジャーとの交渉が不調に終わる可能性があると踏んでいる。とはいえ、涌井は2年前の最多勝投手。故障が少ない頑健さや、西武時代に30セーブを挙げるなどリリーフ歴もあって使い勝手がいい。巨人は今、コンプライアンス重視。涌井はかつて女性問題で騒がれたこともあったが、独身時代の話。モデルの押切もえと結婚してからは、すっかり落ち着いたともっぱらです。まずはメジャー挑戦の意向を尊重しながら、もしマイナー契約などだった場合は、手を挙げるとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る